排水管更生をしてもらいました

小さなマンションの管理人をしている時に、ある入居者から水漏れがすると連絡があり、業者に来てもらい配管を見てもらう事になりました。すると老化が進み、とてもひどい状態になっていたみたいで、放置しておくと危険だと言われました。そして見積もりをしてもらい、排水管更生工事が始まりました。工事中は水が使えず、トイレの使用も出来ないのですが、臨時のトイレを用意していたので、入居者からのクレームも無く無事に終わる事が出来ました。一日で工事が終わり、翌日から水が使える様になったので、一安心しました。アフターフォローが充実している業者さんを選べたおかげで、工事後もとても気にかけてくれ、感謝しています。生活していく上で毎日使っている物なので、悪くなってからでは無く、定期的に点検等をしてもらう事も大切だなと思えました。

ハイブリッド工法による排水管更生を検討しよう

排水管が古くなった場合に第一に検討するのが排水管更生ですが、あまりに古い場合は更生が出来ず全取り換えを提案されるケースが有ります。ですがそのような場合においても、ハイブリッド工法を利用すれば取り換え部分を減らすことによって費用を下げることが可能です。ハイブリッド工法とは縦管、横主管、横枝管等管の種類と配管の状況によって取り換えや更生の工法を変え、無理なく配管を延命させる工法になります。但しこの工法は配管の状況を綿密に調べる必要がある為、事前の調査が重要です。また全体に配管の損傷が少ない新しい建物より、比較的古い建物に対して力を発揮するといえるでしょう。もちろん一般的な排水管更生作業でも痛みの酷い管は交換するので、複数の見積もりを取って費用並びに更新後の耐久性について納得の出来る工法を選んで下さい。

排水管更生は配水管を取り替えなくてもできる

排水管更生工事は配水管を交換しなくても配水管を新しくできる工事のことです。リノベーション住宅やマンションなどを購入すると、配水管が古いケースが多数見受けられます。そのまま住み続けるとなると、不安が付きまといます。先日は寒さで古い配水管などが破裂し大災害に繋がったケースもありました。そのような事態に陥らないためにも、排水管には気を配っておきたいところ。しかし配水管を丸ごと交換するとなると大変です。金額や時間が大幅にかかってしまい、負担が増えてしまいます。しかし排水管更生工事なら、特殊な心材を用い排水管をエポキシ樹脂などでしっかりとコーティングしますから、地震対策もばっちりです。排水管更生工事をした排水管は、20年以上も耐久できます。共有管、室内管、占有管にも対応していますから、どんな構造の住宅やマンションであっても対応が可能です。