お得に人形町で中古マンションを購入するためのポイント

東京都中央区には、人形町という場所があります。東京駅からは東へ徒歩20分程度のところになります。ここでは、日比谷線が人形町駅を走っており秋葉原から二駅の場所になります。さらに、銀座や六本木や中目黒の方へ一本で行くことが可能になっております。また、この駅からは徒歩でいける駅が多くありそちらの電車に乗れば多くの東京方面へ行くことが可能になっています。また、このエリアはオフィス街でもありますので、ここへ向かってくるサラリーマンも多くいます。このエリアは、現在新築が1つだけ販売されておりますが、基本的にここにマンションを購入する場合は中古マンションとなります。今回は、このエリアの購入するときのポイントや現在のこのエリアの相場観について説明していきます。

このエリアのマンションの相場状況

このエリアは先ほども記述したとおり一つだけ新築のマンションが販売されております。このマンションは坪400万円以上で売られております。つまり2LDKだと7000万円近い数字になってきます。3LDKですと1億円近い値段になるでしょう。従って中古マンションもそれから計算されますので築10年以内の物件だと坪300万円以上で販売されております。こちらも2LDKでも5000万円以上に値段になってきております。そして、このエリアの特徴としては築年数が古い物件であっても値段がなかなか下がらないことが上げられます。1990年以前の建物であっても坪250万円程度で販売されているものが多くあります。この地区は交通の便もよく商店街も発展していることもあり上記のように値段が下がらない状況が続いております。

人形町で中古マンションを購入するポイント

このように、このエリアのマンションの値段は非常に高いものがあります。このエリアで中古マンションを選びポイントはやはりどれだけ売却しやすい物件かを選ぶべきでしょう。このエリアは、上記で説明したとおりなかなか値段の下がらないエリアになっております。また、ここに住むには東京方面で仕事をしている人にメリットがある場所なので、定年後までここにいるメリットは下がってしまいます。従って、定年後に売却できるマンションを選ぶことが、もっともお得に選ぶポイントになるでしょう。さらに、このエリアは賃貸需要も非常に強いです。定年後は自分で住むのではなくて人に貸すのも一つの考え方といえるでしょう。その点も含めて購入した後も自分の家を綺麗に使うことが重要なポイントになってきます。