水のトラブルを防ぐ排水管更生。

排水管は直接目で見る事はありませんが。塩分や汚れ、刺激の強い化学薬品などに触れるにより劣化していきます。その劣化箇所の流れが悪くなり、水がたまるようになり余計に劣化が早まる、その場所に汚れがたまり詰まってしまう、逆流を起こす、排水管からの悪臭の原因になる事もあります。またひどい状態になると腐食箇所からの漏水の原因になる事もあります。こんな不測のトラブルを防ぐためにも排水管更生は有効です。老朽化が進んでしまうと配管を取り替えなければならず、配管取り替えの工事では費用が高くなってしまうだけでなく、床、壁、天井やコンクリート部のハツリ作業など居住者の大きな負担となるような大規模工事となってしまいます。老朽化が軽度の場合は配管を取り替えずに現在ある配管をリニューアルする排水管更生ができます。管内面の水垢、サビなどの汚れを取り除き磨き、防さび用の保護膜などを塗装して、排水管の延命を量ります。比較的安価に施行でき、作業中の居住者の負担を軽くする事ができる技術です。

排水管更生について考えること

長くマンションに住んでいますが、しっかりとメンテナンスと行うマンションであるため安心しています。排水管更生もそろそろ行わないといけないのかなと感じています。先日マンションの総会がありましたが、交換することを考えているようでほっとしました。自分一人で手配をするのは大変ですが、マンションの組合がおこなってくださるので安心です。業者を見つけるのは結構大変です。業者を見つけることをしなくてよいのは本当に助かります。よい業者を見つけて具合のよいようにしてくださるはずです。しっかりとメンテナンスをして住み心地がよい状態を維持できるのではないかと考えてしまいます。水回りはとても大切で、しっかりとメンテナンスをしないと大変なことになります。これからも安心して過ごすことができそうで安心しています。きっと良い業者の方にお願いできるはずです。

排水管更生の方法について

排水管更生は保有している排水管をクリーンな状態にすることとなります。排水管は続けて使っていることで、内側に水垢およびヘドロなどが蓄積され、臭気や排水が流れづらくなる引き金になります。排水管更生はこういった汚れを消去し、内側を新しい様にします。現実的に言いますと高圧による洗浄機などで排水管の中にある汚れた状態を消去して、自分名義のコーティングを排水管の内に通します。コーティングは管上でありますから、空気圧によって排水管の内側の面にくっつけていきます。簡単にいいますと、ゴミ箱にゴミ袋の取り付けを行っている状態にそっくりです。排水管そのもののチェンジをすることで、排水管の問題をクリアするという方法もありますが、排水管は家屋の内部に入り込んでいるため、壁であったり床の一部を1度破壊することが求められることから、大変な作業になります。排水管更生のというようなケースでは、大変な作業にならないことから、費用も安くて済むことから望ましいといえます。

排水管更生工事をご希望の方はお気軽にお問合せください。調査費用は無料で行っております。 価格も工期も「トルネード工法」でならメリットしかありません! 樹脂製の管内ホースを採用しており、摩擦を最小限にとどめています。 排水管更生では長年使った排水管を取り替えるのではなく、内面を磨くことで改善するローコストな選択です。 特許を取得した「トルネード工法」は弊社の技術の結晶です。 アフターフォローが充実した排水管更生ならこちら